上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日本の近代建築の発展に貢献した建築家 前川國男邸の自邸を見学しに小金井の東京たてもの園に行ってきました。

建築家 前川國男氏は、ル・コルビュジエ、アントニン・レーモンドの元で学び、モダニズム建築の旗手として、第二次世界大戦後の日本建築界をリードした。

リビングは、木製枠のガラス面の大きな建具から採光を取り入れ、階段からロフトに繋がる空間は、マルセイユでのコルビュジェ設計のホテルで体験した空間を思い出した。

こんな風に、日本の木造住宅に合わせるのかと…。

やっぱり、実物を体験することが一番、、ですね。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://attoaokijs.blog50.fc2.com/tb.php/495-e3cf8577
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。