上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
変換 ~ センターヒ#12441;ル広場

つくばの中心にあるデストリアンデッキから一段下がったつくばセンター広場は、建築家 磯崎新の代表作でありポストモダンの代表作であるつくばセンタービル内にある。

ここの広場の変形したデザインは、イタリアローマにある、あのミケランジェロが設計したカンピドリオ広場と同じデザインの石畳なのだ。

あえて違うのは、と言うか大きく違うのはこの床のデザインを観るアピローチの過程にある。

『ローマカンピドリオ広場を反転した広場(フォーラム)があり、カンピドリオ広場は丘を登った場所にあり中心に銅像が建っているのに対し、つくばセンタービルでは広場が低い位置にあり中心は噴水である』ウィッキペデア参考

とのことなのだ。

私 も建築視察に欧州一人旅に出かけ、イタリアローマに行ったときに、磯崎氏のオマージュしたカンピドリオ広場まで上り坂の階段を駆け上がって観た時は、オリ ジナルのデザインの上に立ち、幾何学的な模様が遠近法を逆手に取って目の錯覚までも計算したデザインの演出に、、感銘を受けたのだ。。

サインンペン・水性色鉛筆 1時間


関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://attoaokijs.blog50.fc2.com/tb.php/482-e4359c7d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。