上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 2010/5/2 (一年前のを綴っています)

フランス・スペイン・イタリア2週間一人旅

欧州・建築/美術視察記 7日目 フランス・マルセイユからスペイン・バルセロナへ

はじめての方は日目あたりから読んで頂けたらと思います(お時間あれば)
建築視察記フランス パリ 2日目 ルコルジュジェ他

変換 ~ DSCN5287 変換 ~ DSCN5190 

あっという間にマルセイユも今日で移動です。

今日はスペイン・バルセロナまで電車で向かいます。

日本では朝飯を取らない私も、ホテルでの朝食は毎日はずしてない私です。『もったいない』文化の田舎もんからか・・・

名残惜しくユニテダビタシオンを後にして、気持ちを切り替えスペインバルセロナへ。。



変換 ~ DSCN5297 変換 ~ DSCN5298 変換 ~ DSCN5301 変換 ~ DSCN5306 

見飽きない窓の外を見ながら、三時間ほど電車にのって、モンペリエの街に着いた。

こっちでは、駅のトイレも有料だったことも驚いたけど、フランスでの電車と違ってスペイン行きの電車の渋さ驚き、違う国に行くのだなと改めて思い直したのだ。

これからさらに6時間ほどの長旅電車に乗りながら、日本での最初の予定では行くことのなかったバルセロナだったが、『マルセイユから近いから寄って行ったら』と飲友にアドバイスされ、地球儀ではすぐそばだったが・・・ほぼ一日かけての移動なんですけど。。と思っていた。

でも、ガウディの建築見れるし、もひとつ異文化の中に行くことに気持ちが好奇心でいっぱいになっていた。

地中海が見え隠れする列車のかなで、持ち込んでいたスペイン・バルセロナの本を読み込んで、予備知識を蓄え、明日からの予定を立てていた。


途中、電車の中でパスポートを車掌さんチェックされてスペインに入った。

車内アナウンスがあり、今、本で覚えたばかりの『・・・・グラシアス(ありがとう)』を聞いたときは、メルシーじゃないことに、なんとも、、感動した。



変換 ~ DSCN5310 変換 ~ DSCN5314 


変換 ~ DSCN5318
 変換 ~ DSCN5319 

バルセロナに午後の8時半に着いたが、まだまだ昼間の様に明るい。


変換 ~ DSCN5321 変換 ~ DSCN5329 

ホテルまで地図を片手に歩いて行くうちに、やっと夜になった。

旧市街と言うこともあったのか、スペインの雰囲気に飲まれていたのか、裏路地は狭くて暗く、初日の夜は街を歩くにも結構ビビっていた。



変換 ~ DSCN5337 変換 ~ DSCN5336 変換 ~ DSCN5335

とは言うものの、早速ホテルを出て食事に出掛け、大通りに出ると道端には大勢の人が食事をしながら飲んで賑わっていた。

私も適当なお店をさがし、フランスの店と違ってコッチのメニューは写真付きだったので食べたいものを注文できたのは良かったけど、ハモンとビールを頼み、予想外のばかでかいビールが届き、写真があっても思い通りにはならないものだ。

一人食事をしていると、ジプシーの人が花を買ってもらおうと何度も訪れ、落ち着かないものだったが、無視の一点張りのおかげであきらめて行ったしまった。

いろんなテーブルの人たちにも、同じようなことをしているのを見ると、これもアリなのだなと異文化を感じた。



 変換 ~ DSCN5339 変換 ~ DSCN5342 

ホテルに戻る途中で、ちょっとブラブラしながら(やはり裏路地はビビる)、懲りずにバーに入ってみた。

ここでも、店の中のカウンターバーで飲んでいると、道端からジプシーが私目当てに入ってきてちょっと困っていたが、店のママさんに追い払ってもらった。

やれやれ、ちょっと疲れるバルセロナ一日目の夜だったのだ。

つづく

関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://attoaokijs.blog50.fc2.com/tb.php/439-979557bf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。