上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/4/30 (一年前のを綴っています)

欧州・建築/美術視察記 5日目 フランス ロンシャンからマルセイユに


変換 ~ DSCN4843 変換 ~ DSCN4844

ロンシャンという小さな村の近くの街ベルフォールのホテルに泊まり、昨日はひさびさに湯舟につかった。

朝起きて窓の外には、いかにもヨーロッパにありそうな重厚で古そうな城壁があり、パリとは違い異国の遠く小さな誰も知らない街に来ている。
いつもよりちょっといい朝食を食べ、早速目的の建築を見に出掛けた。

車で10分くらい走り、ロンシャンという小さな村の小高い丘の上に、教会がありその礼拝堂がルコルビュジェが創った建築物である。



変換 ~ DSCN4887変換 ~ DSCN4846

小雨のなか、門から上り坂を歩いていくと『うわ、、でたーー!』
なんじゃ!これは、、、
それからは、無我夢中で眺め、さわり、見上げ、廻って、行ったりきたり。。

   変換 ~ DSCN4873  
変換 ~ DSCN4847 変換 ~ DSCN4854変換 ~ DSCN4869 変換 ~ DSCN4871

近代建築史におけるパルテノン神殿とも言われるこの白いロンシャンの礼拝堂。

コルジュジェの作品の中でも、最も印象的で特異な外観に圧倒され、驚かせるばかりだった。

斜めにそびえたつぶ厚い壁には、さまざまな大小の明り取りの色ガラスの窓が散乱している。中に入ると外の白く明るい壁とは対象的に非常に光を抑えていて神聖な空間に神秘的な光の乱舞は、非常にアート的でもあった。

そして、何人かの方が、神父とともにミサを歌っていた。

神聖に響きわたる歌声を、色ガラスを通した赤、青、黄などの光が床に落ちているのを見ながら、しばらくの間、聞き入っていたのだった。


変換 ~ DSCN4911

ベルフォールの街に戻り、いよいよMASUYAMA氏ともここで別れることとなった。
電車の切符も、言葉が出来なくても買える方法を二人で検討し実践してみた。メモ帳に時間と行き先を書くだけなのだが。。

これから先、自分で買って移動していく為に、非常に大切な事なのだ。

こちらでは、列車も時間の遅れも当たり前の事らしく、違う列車に乗らないよう列車番号をよく確かめるように!と教えてもらった。

日本のように、改札口がない駅に驚きと違和感を感じながら、列車に乗り込んだ。
そして彼と最後のお別れとお礼をし、フランス南部マルセイユに向かった。

変換 ~ DSCN4916 変換 ~ DSCN4917

とうとう一人旅となり列車の中で、不安と期待が交じり合っていた。

途中ディジョンという街で乗り換えをし、駅で昼飯のパンと水を買った。店員にウォーターと言っても通じずワーターと言ったらやっと通じた。

変換 ~ DSCN4927 変換 ~ DSCN4926
変換 ~ DSCN4922

となりでは、子供がマンガらしきものに熱中していて、何読んでるのかと思ったらワンピースだった。
それだけでも、ちょっと安心した様な気がした。



変換 ~ DSCN4929 変換 ~ DSCN4931

やっとマルセイユについた。約7時間ほど電車での移動だった。

夜の8時だと言うのにまだ昼間のように明るい。

まずはメトロに乗って港に行った。途中反対側の列車に乗って、全く違う方向に進んでいたが、途中気が付いて引き返して何とか港周辺にたどり着いた。

変換 ~ DSCN4935

いかにもマルセイユらしく港には、たくさんの船があって街の人たちも活気があるように感じる。

大阪や博多のような雰囲気があった。早速教えてもらったようにレストランをさがし食事となる。

ビールを頼み、パスタとワインも頼んだ。つたない言葉とジェスチャーでおいしい食事となった。
 

変換 ~ DSCN4942

となりの店では、テレビでサッカーの試合が行われていたらしく、すごい人だかりになっていた。

となりの席のマダムが、英語で話しかけてくれて、不思議と私も返していた。

『マルセイユのサッカーチームはすごいでしょ!』と言っているみたいで私も素直に答えていた。

マルセイユは、パリとはまた違って、楽しい人と街でうれしかった。



 変換 ~ DSCN4983

タクシーを拾って、今日のホテルに向かった。

今回の旅で、どうしても泊まると決めていた、コルビュジェのユニテダビタシオンに。。

個人で日本から予約したので、ちゃんと予約が入っているか不安だったのだが、今日の昼間にMASUYAMA氏に頼んで、電話で確認してくてていたのでホテルの方も待っていてくれていた。

チェックインして部屋に入り、泊まれることに感動しながら、レストランバーでまた一杯飲んでいた。

つづく


関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://attoaokijs.blog50.fc2.com/tb.php/436-4a8c87cb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。