上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 抜いた歯もだいぶ気にならなくなってきた今日このころ。

つくばでリフォーム・住宅設計している青木住設一級建築士事務所の青木孝二です。

DSCN0241.jpg

 

 

先日のリフォーム祭に来ていただいたOBのお客さまのご依頼で浴室をリフォームしたいとのことでしたので、現調打ち合わせしてきました。

 

在来工法のタイルの浴室でしたが、床、壁が一面タイル仕上げでしたのでやはりタイルの冷放射で冷たく感じます。

住まいの事故として浴室での死亡者は年間約1万4000人です。ちなみに交通事故での死亡者は約一万3000人と言われています。交通事故より多いのです。

居間の温度は、25度、脱衣・浴室は5度冷放射によって体感はもっと低いです。そして湯船に入るとお湯は41度。

この『ヒートショック』により引き起こすことが原因とされています。

この温度差を少しでも緩和していくことが住まいにとって重要の一つです。

タイルのお風呂が悪いわけではなく、その対策をとっていくことが重要だと思います。


関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://attoaokijs.blog50.fc2.com/tb.php/180-e960a1d8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。